フィルムからデジタルへ カメラマンとしての半世紀のあゆみ

クリエイティブサロン Vol.286 野村浩二氏

野村浩二氏作品

1974年にカメラと出会ってから50年が過ぎました。これまで企業広告の撮影を中心にあらゆるモノや人を撮影してきました。カメラマンとしてのキャリアをスタートした当時はフィルム、現在はデジタルと大きな変化がありました。「大阪で一番暇なスタジオ」を運営しながら、時代の変化にどのように対応してきたのかなどをお話しします。また、個人的な作品や写真教室など、現在そして未来に向けた活動についてもご紹介します。

野村浩二氏(のむら こうじ)

野村写真事務所
カメラマン

1954年高知県生まれ。1977年に写真学校を卒業、大阪市内のスタジオで実績を積んだ後、1983年に野村写真事務所として独立。大手企業の商品、人物、企業イメージなどの撮影を手掛ける。1997年に第15回繊研流通広告賞大賞受賞など賞多数。企業広告の撮影と並行して個人的な作品制作にも取り組む。写真教室「空スタジオ」では、アマチュアから新人カメラマンまでを対象にレッスンも行っている。

https://blog.goo.ne.jp/ppp_nomunomu/

野村浩二氏
日時

2024718日(木)19:00〜21:00
開場・受付開始 18:45

会場

メビック(大阪産業創造館 17F)

定員

20名

参加費

無料

主催

クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック

注意事項

・事前予約制です。事前申込みのない当日来場はご参加をお断りいたします。
・お申込はお一人様につき一件のみ承っています。お連れ様がいらっしゃる場合は別途「大阪産業創造館」にユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。
・他の参加者にご迷惑となりますので、開始時刻から30分経過後は入場をお断りする場合があります。

大阪産業創造館(メビック関連施設 以下産創館)ウェブサイトからお申込みください。産創館ウェブサイトのご利用は、初回のみユーザー登録が必要です。
※電話、メールでのお申し込みは受け付けておりません。

*掲載内容は、掲載時の情報に基づいています。

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。