メビックとは

クリエイティブネットワークセンター大阪 メビックは、大阪市経済戦略局が設置し、公益財団法人大阪産業局が運営するクリエイティブ産業振興施設です。大阪に集積するクリエイティブ関連企業の活性化のために、大阪で活動するクリエイター同士やクリエイターと企業等とが“顔の見える関係”を築くためのコミュニティづくり、競争とコラボレーションによる新たなビジネスや価値が生まれる環境づくりに取り組んでいます。

メビックの役割「クリエイターと社会をつなぐ」

「クリエイターと社会をつなぐ」イメージ

クリエイターと企業・団体、またはクリエイター同士がつながる「きっかけ」を提供するのがメビックの役割です。
ビジネスマッチングだけではなく、ともに悩み、笑い合える、“顔の見える関係づくり”をサポート。
ものづくりや地域活性化など、幅広い領域でクリエイティブな協業が生まれています。

メビックの主な活動

【出会う】顔の見えるネットワークづくり

全ては出会うことから。トークイベントや交流会などで、出会いの場を提供しています。

【発信】クリエイターの情報発信

WebサイトやSNS、メールマガジンなどで、日々のイベントやクリエイターの情報を発信しています。

【つながる】クリエイターと他業種とのビジネスマッチング

クリエイターや企業が自分を伝える場を設けることで、つながる「きっかけ」をつくっています。

【学ぶ】クリエイターのプロデュース能力の向上

プロデュース力の向上を図るセミナーを定期的に開催し、クリエイター人材の育成に努めています。

メビックを支えるサポーターネットワーク

各地のクリエイター、各界の専門家からなるサポートチームが、全国・海外にもネットワークを広げ、関係づくりと情報発信を行っています。

全国・海外エリアサポーター105人
(2021年6月現在)

  • 北海道エリア5
  • 東北エリア6
  • 関東エリア32
  • 北陸・甲信越エリア5
  • 東海エリア6
  • 近畿エリア(大阪府除く)24
  • 中国エリア9
  • 四国エリア6
  • 九州エリア9
  • 沖縄エリア2
  • 海外エリア1
  • コーディネーター 33
  • アドバイザー 59

大阪市経済戦略局

クリエイターを探したい方へ

様々な場で活躍する個性豊かなクリエイターが大阪にはたくさん存在します。クリエイターを探したい方は、お気軽にメビックにご相談ください。

クリエイターを探したい
クリエイター・企業・団体の皆様へ

よくあるご質問

どこが運営しているのですか?

メビックは「大阪市経済戦略局」が設置し、「公益財団法人大阪産業局」が運営しています。ひとことで言うなら大阪市の施設。地域産業政策の一環として、大阪のクリエイティブ産業の振興に取り組んでいます。

「MEBIC(メビック)」は何の略ですか?

Media business innovation center」です。

2003年5月に、南扇町の旧水道局庁舎に開館してから2010年3月までは、「Media business Incubator for Collaboration」を略して「MEBIC」でした。この期間のメビックは、インキュベーションオフィスを併設し、創業間もない個人クリエイターや企業をバックアップするビジネスインキュべ―ション施設でした。

2011年3月にカンテレ扇町スクエアに移転した際に、インキュべ―ション機能がなくなり、意味や役割も変更、「Media business innovation center」を略して「MEBIC」となりました。

クリエイターを紹介してもらえますか?

メビックが特定のクリエイターを直接紹介・斡旋することは、原則ありません。ご相談に対して、出会い方やつながり方の提案や、出会いの場を提供するなどのサポートをしています。

クリエイティブに関する困りごとの相談にのってもらえますか?

例えば、企業の方なら「ウェブサイトをリニューアルしたい」「商品紹介動画を作成したい」「企画の段階からクリエイターに参加してほしい」、クリエイターの方なら「ネットワークを拡げたい」「信頼できるパートナーを探したい」「自分の強みをアピールしたい」など、クリエイティブに関するご相談はお気軽に、まずは問い合わせフォームからご連絡ください。
コーディネーターが、リアル・オンラインでヒアリングを行い、どのようなサポートができるかなどをアドバイスいたします。

利用に費用はかかりますか?

ご相談に費用はかかりません。セミナーやイベントには、参加費が必要なものもあります。

クリエイティブクラスターとは何ですか?

メビックが取り組む活動の根幹にある考え方でもあり、大阪に集積しているクリエイティブ関連企業、フリーランスクリエイターの情報を閲覧・検索できるウェブコンテンツの名称です。

「クラスター」は、「群れや集まり」「(ぶどうの)房」などを意味する言葉です。メビックでは、アメリカの経営学者であるマイケル・ポーター氏が提唱した「特定の分野の企業、専門・研究機関、公共機関などが一定の地域に集積すると、互いに競争、協力しながらイノベーションを重ね、新たな商品やサービスを生み出し、産業・地域振興につながる」という「産業クラスター」という概念を下敷きに、大阪のクリエイターが顔の見える関係を築くためのコミュニティ(=クリエイティブクラスター)づくり、大阪のクリエイティブ産業の活性化に取り組んでいます。

クリエイティブクラスターに情報を掲載したいのですがどうすればよいですか?

まずは、Webサイトの問い合わせフォームからご連絡ください。コーディネーターによる面談にてメビックの趣旨や掲載手続きをご説明します。掲載は無料ですが、大阪府下に活動拠点を持つクリエイターに限ります。

メビックの支援対象のクリエイターに、アーティストは含まれますか?

メビックが定義する「クリエイター」には、「アーティスト」は含まれていません。メビックでは、クリエイティブ分野(※)の産業に従事し、規模の大小を問わずその事業で収入を得ている方を「プロのクリエイター」と定義しています。当該事業で収入を得ていない方(学生など)や、自己表現を目的に制作活動を行い、クライアントワークを受注していない「アーティスト」は対象外となります。

※クリエイティブ分野:デザイン、イラスト、アニメーション、ライティング・編集、広告企画、IT、ファッション、写真、映像、音楽、出版、印刷、建築など

イベント情報はどこで入手できますか?

Webサイトの他、FacebookTwitterメールマガジンでお知らせしています。メールマガジンはWebサイトから登録できます。