特別講演「デザイナーがこの街・大阪で生きるためには」

「この街のクリエイター博覧会2024」同日開催イベント【1】

経済のさらなるグローバル化や、政治・行政、経済、文化などの諸機能の首都圏への集中など、大阪の相対的地位が低下する中、クリエイターやデザイナーが「この街=大阪」で今後も活発に活動していくためには、何をすべきでしょうか? 長年にわたり大阪を拠点に活動してきたグラフィックデザイナーの三木健氏に、これまでのご経験を踏まえ、クリエイターやデザイナーが大阪で生きていくために必要な術について話題提供いただき、今後を考えるヒントを得たいと思います。

日時

2024313日(水)11:00〜12:30
開場・受付開始 10:45

会場

メビック(大阪産業創造館 17F)

定員

60名

参加費

無料
※事前予約制です。事前申込みのない当日来場はご参加をお断りいたします。

主催

クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック

三木 健氏(みき けん)

三木健デザイン事務所
グラフィックデザイナー

話すようにデザインを進める「話すデザイン」と、モノやコトの根源を探る「聞くデザイン」で物語性のあるデザインを展開。「心づくり」という理念の成文化から始まり、「顔づくり」という名前やデザインを見つけ出し、「体づくり」という仕組みづくりから商品開発へと発想を広げ、「語れるモノづくり」によってプロジェクトの存在意義を明確にする。機能的価値と情緒的価値の重なりに浮かび上がる「幸せ満足度」をお客さまに届けるためにパーパスブランディングを展開。大阪芸術大学教授。

http://ken-miki.net/

三木健氏

大阪産業創造館(メビック関連施設 以下産創館)ウェブサイトからお申込みください。産創館ウェブサイトのご利用は、初回のみユーザー登録が必要です。
※電話、メールでのお申し込みは受け付けておりません。

*掲載内容は、掲載時の情報に基づいています。

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。