#もっともっとお金の話をしよう

クリエイター営業系トークセミナー「柿間久留乃プロダクション」

このイベントは終了しました。

柿間久留乃プロダクションイベント

路上でポストカードを販売していた作家活動から始まり、今や関西を代表する売れっ子イラストレーターのサタケシュンスケ氏。Twitterフォロワー2万7千(2019.12月現在)と、イラストレーターとしてSNS上でも大きな影響力を持っておられます。SNSだけでなく、地道な営業活動で実績を伸ばし、国内外での大手出版社や広告のお仕事、さらにはグッドデザイン賞受賞など、幅広く活躍されているサタケ氏をゲストにお呼びして、”絵を描く”仕事とお金の関係性についてトークセミナーを開催します。
このトークタイトルのきっかけはサタケ氏がTwitterで発信されたイラストレーターにまつわるお金の話のハッシュタグ「#もっとお金の話をしよう」からでした。このハッシュタグは瞬く間にクリエイターの心を掴み、Twitter上ではイラスト案件の相場、無償案件の是非について、価格設定や値段交渉、著作権や二次使用について等々、イラストレーターはもちろん、アーティストや他ジャンルのデザイナーまで、さまざまな見解が飛び交いました。その中で見えてきたのは、ビジネス意識の違いや交渉術の違い、そしてイラストレーターとアーティストの対価についての感覚の違いでした。ビジネスですから、技術への対価は当然のこと。技術は充分にあるのに発注側に主張ができないクリエイターやアーティストが多くいるのが実状です。サタケ氏はそんな絵描き達の意識を変えたい、イラストだけでも充分な事業収入を得ることができる、と、Twitterだけでなく作品配信サイト「note」でも同タグで発信、サタケ氏のTwitterやnoteは、イラストレーター・アーティストだけでなく、デザイナーやアートディレクター、発注側のクライアントも注目するコンテンツとなっています。柿プロのメンバーも、サタケ氏と同じ想いで仕事に向き合っています。このテーマでトークセッションを開催したいとずっと考えていました。SNS上では語れない、リアルだからこそ聞ける「お金の話」を、柿プロ目線の切り口でより具体的に、よりリアルに、ズバズバと切り込んでいきます。

日時

2020年1月24日(金)18:30~21:00
開場・受付開始 18:00

会場

メビック扇町

定員

80人(先着順・定員に達し次第締め切ります)

費用

4,000円(ケータリング込み交流会付)

主催

柿間久留乃プロダクション(カワグチマサミ・さらえみ・tica ishibashi)

共催

クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

ゲスト

サタケシュンスケ氏

京都造形芸術大学 非常勤講師
ギャラリーVie絵話塾 講師

1981年大阪府枚方市生まれ 兵庫県神戸市在住
広告制作会社勤務のグラフィックデザイナーを経て2007年に独立、以後フリーランスのイラストレーターとして活動を続けている。主な仕事は広告、書籍等で使用するイラストレーションおよびキャラクターの制作、モチーフは人物や動物が中心。得意とするジャンルは子育てや教育、ファミリー向けのタッチ。趣味はランニング、マラソン。自称「走るイラストレーター」。イラストレーターユニットなりゆきサーカスの一員としても活動中。

Adobe Stock プレミアコントリビューター

サタケシュンスケ氏

柿間久留乃プロダクション メンバー

カワグチマサミ氏

面白おかしいタッチが得意な漫画イラストレーター。また4コマ広告漫画アンドエムデザインの代表でもある。週刊誌や企業サイト、コミックエッセイなど漫画制作を中心に活動。取材からシナリオ、制作までトータル的にプロデュース。
週刊女性やオリコカードウェブ、西NEXCO冊子など、様々な媒体で漫画を連載。2014年には苦手な料理を克服するコミックエッセイ「新米かーちゃんがテケトー料理をはじめたら、どエライことになりました。」出版。Amazon子育て本ランキング2位を記録。また時短料理漫画家として関西テレビ「夕方LIVEワンダー」にも出演。オリジナルエッセイ漫画「隙あらばゲームしたくてイラストレーターになりました。」が好評を得て連載3回目にしてライブドアブログ漫画家ランキング1位を獲得。twitterフォロワー5000人を更新中。

イラストレーターかわぐちまさみのホームページです。

かわぐちまさみ氏

さらえみ氏

2次元の魅力を活かしたイラストやアニメーションを提供しているイラストレーター。
アニメーター・映像CGデザイナーを経て2015年に独立。生活環境の変化によりクリエイティブ業に勤務する事が厳しくなるも諦める事ができず一念発起。大阪のほぼ最南端である阪南市から、インターネットを通じて時間や場所に縛られない仕事獲得を実現。コネなしで1から育てた営業用ウェブサイトは、閲覧数が月3万PVを超える。田原俊彦プロデュース香水メインビジュアルイラスト、老舗パソコンショップや工具販売メーカーのキャラクターデザイン、中国人気ナンバー1の日本紹介配信番組のリポーターの似顔絵キャラクターなどを手がけ、最近では大人気アニメ版権の商品デザインにも携わる。
一般企業と直接取引をメインに、キャラクターデザイン、イラスト、アニメーション提供の他、専門学校でのアニメーション講師や、セミナー、大学講演も務める。

feel the character illustrator さらえみ

さらえみ氏

tica ishibashi氏(ちか いしばし)

イシバシイラストファッションワークス 代表

おしゃれ、スタイリッシュ、カワイイ、モードなど、様々なファッションイラストを得意をするイラストレーター。
ユーザーがこころをズキュンと射抜かれるような、胸に響くクリエーションをモットーとし、自己作品に固執せず、クリエイター・クライアント・ユーザーが三方良しのクリエイティブワークをめざす。アパレルメーカーのデザイナー時代にレディスアパレルデザイナーと図案家を兼任。ヤングからハイミセスまで全8ブランドの図案を担当、様々な年代のブランド図案制作を経験。各層のターゲット分析や流行分析、複数ジャンルのファッションイラストテイストを磨き、どんな年代のどんなテイストでもオシャンに描く画力を手に入れる。
現在、フリーランスのファッションイラストレーター・デザイナーとして活動中。神戸コレクションのvillageブースビジュアルやグランフロント大阪ナレッジキャピタルの制服デザイン制作を担当。他様々なファッションイラストやビジュアル、アパレルデザインを手がける。また独立当初から職業訓練校講師を務め、大阪モード学園、京都精華大学にて教鞭を執り、現在講師歴は11年目。

tica ishibashi氏

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。