大阪DTPの勉強部屋 第33回勉強会

イベントロゴ

今回のテーマは
「DTPにも3Dの新波だ」海津ヨシノリ
「今こそ、日本語組版の基本的な考え方を……」大石十三夫

セッション1「DTPにも3Dの新波だ」

DTPの中にも積極的に3Dを展開してみたら面白いかも。ということで、令和という区切りで新しいDTPの波を一緒に構築してしまいましょう。
3Dソフトで簡単なパーツを造形、IllustratorやPhotoshopでマテリアルを作成、あとはDimensionでイメージ展開という三段跳びです。3Dソフトはフリー版も含めれば色々とお手軽かつ高機能なツールが入手可能です。今回は常用しているZBrushやmodoを中心にお話したいと思いますが、Sculptrisなどプロの3D作家も愛用しているフリーのスカルプト系3Dソフトなども紹介したいと思います。今日から3Dです。楽しんで頂ける内容にしたいと思います。

スピーカー:海津ヨシノリ氏(かいづ よしのり)

本業は東京でオジサンをしていますが、時々グラフィックデザイナーだったり、複数の大学で情報処理や映像関係の授業を行っています。ブログ「KAIZU-BLOG」にて、Creative Cloud系、Office系、3D系、はたまた写真撮影やDo It Yourself、映像処理としてMikuMikuDanceまで無節操にほぼ毎日Tipsを公開中。夏休みにはDigital Audio Workstationにも手を出す予定です。

YOSHINORI KAIZU WORLD

セッション2「今こそ、日本語組版の基本的な考え方を……」

文字、文字列(字間・字送り)、行(行間・行送り)……とそれぞれの基本的な理解が積み上げられて、段落となり頁が形成されます。
今回は、主に文字と文字列そして行に焦点をあて、ベタ組みの考え方・各種ツメ機能の原理などを文字の仕様を絡めて考え、さらに行長調整の考え方などにも言及して、日本語組版についての理解を深めていただきたいと思います。
当日はInDesignを使用して進めますが、Illusutratorの残念な仕様をも並行して紹介したいと考えていますので、どなたにも「明日から役に立つ」内容になるかと思います。ご参加お待ちしています。

スピーカー:大石十三夫氏(おおいし とみお)

元・写植組版業ながら、時代の波に流されて現・DTP組版業。写植時代は主に広告関係のツメ組み主体でしたが、DTPでは書籍組版(ベタ組み)を主にしており、ブログ「なんでやねんDTP」にて、現場からの情報を発信中。本ブログは12年目を迎えました。また『+DESIGNING』(春・秋の年2回刊)誌上にて「おぢんの文字と組版 素朴な疑問」のタイトルで連載中。よろしくお願いします。

日時

2019年7月27日(土)14:00~18:30
開場・受付開始 13:00

参加費

2,000円
※参加費は当日受付でお支払いください。

会場

メビック扇町

主催

大阪DTPの勉強部屋

共催

クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

開催中・開催予定のイベント・セミナー