プロデューサーサポートオフィス(PSO)入所団体成果報告会

このイベントは終了しました。

メビック扇町では、クリエイティブビジネスをプロデュースするクリエイターの育成・活動支援を目的としてプロデューサーサポートオフィス(PSO)を設置しています。現在、PSOには5つの団体が入所し、様々な活動を実施しています。
この度、これらの団体の1年の成果報告会を開催し、終了後はPSOと参加者の皆さんとの互いの交流を深めるためMebic Talk-in(交流会)を開催します。

クリエイターだけにとどまらず、どなたでも参加いただけますので、この機会にメビック扇町にお越しください。

プロデューサーサポートオフィス(PSO)とは

メビックを拠点に、クリエイター同士、クリエイターと企業とのネットワークづくりやビジネスマッチングに取り組む事業体を応援する施設です。入所団体はメビック扇町の活動と連携・協働しながらネットワークを広げるとともに、プロデュース能力を高め、成長にチャレンジしています。

各団体のプロフィールはこちら

日時

2019年3月4日(月)18:30~21:30
開場・受付開始 18:00

18:30~18:40

趣旨説明

18:40~19:00

大阪DTPの勉強部屋:宮地知氏
「身近にある書体の話」

19:00~19:20

関西デジタルコンテンツ事業協同組合:久保田善文氏
「人を繋ぐ、バトンを繋ぐ 今年のカンデジ」

19:20~19:40

協同組合ジャパンデザインプロデューサーズユニオン:今井一夫氏
「JDPUing JDPUの目指すもの」

19:40~20:00

株式会社BIM LABO:河野誠一氏
「BIM×クリエイター コラボ募集中!」

20:00~20:20

協業工房:大倉清教氏
「自律協調の働き方—協業の場の活用とイノベーション—」

20:30~21:30

Mebic Talk-in(交流会)

会場

メビック扇町

定員

50人(先着順・定員に達し次第締め切ります)

参加費

無料 / 交流会:1,000円

主催

大阪市
クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

開催中・開催予定のイベント・セミナー