デザイナーからの発信
~マチオモイ帖に見るその広がりと可能性~

このイベントは終了しました。

イメージ

ソーシャルメディアや表現ツールの発達により、個人が自由に発信できる環境となった今、デザイナー個人も今までにない場づくりや出版、プロジェクト活動等を積極的に行っています。

東日本大震災の年に生まれた「マチオモイ帖」プロジェクトは、日本各地のクリエイターが、自分自身にとって大切な町やそこに住む人への想いを、冊子や映像に綴り届ける活動です。展示会を重ねるごとに全国で共感を呼び、総作品数は今年1,000帖を超え、公共機関とのさまざまなコラボレーションも生まれています。

そこで、この5年間を振り返りながら、クリエイティブシーンで活動が注目されているグラフィックデザイナーの視点から、マチオモイ帖のもつ魅力や、デザイナー個人が発信する意味やその可能性について探ります。

当日は、これまでのマチオモイ帖作品の展示も行います。また、ご来場の方には、「ゆうちょカレンダー 2016」をプレゼントいたします。

日時

2015年11月26日(木)19:30~21:00
終了後、別会場にて懇親会を予定しています。こちらもあわせてご参加ください。

出演
  • 松下計氏(松下計デザイン室 / Earth & Salt 主宰 / 東京芸術大学教授)
  • 福島治氏(福島デザイン主宰 / 東京工芸大学教授)
  • 清水柾行氏(aozora代表 / わたしのマチオモイ帖制作委員会 / 大阪芸術大学客員教授)
会場

東京ミッドタウン・デザインハブ
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

費用

無料(懇親会は実費)

主催

大阪市
クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町
わたしのマチオモイ帖制作委員会

関連情報

現在「『my home town わたしのマチオモイ帖』2016」の事前エントリーを受付中です。募集要項詳細は、マチオモイ帖ウェブサイトをご参照ください。

プロフィール

松下計氏(松下計デザイン室 / Earth & Salt 主宰 / 東京芸術大学教授)

1961年横浜生まれ。東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。同大学院修了後、松下計デザイン室設立。現在、同大学デザイン科教授。主な仕事に、ドイツ・ハノーバー国際万国博覧会日本館シンボルマークおよびロゴデザイン、ベネッセアートサイト直島の島内サイン、パンフレット、ウェブサイトディレクション、2016年東京オリンピック誘致用コンセプトブックディレクション、ホルベイン工業および東京藝術大学による共同開発油絵の具「油一」ブランディング、21_21 DESIGNSIGHT企画展カタログディレクション、竹尾ペーパーショウ2009アートディレクションなどがある。JAGDA新人賞、ADC賞、文部科学大臣賞、グッドデザイン賞受賞。

福島治氏(福島デザイン主宰 / 東京工芸大学教授)

1958年広島生まれ。日本デザイナー学院広島校卒。浅葉克己デザイン室、ADKを経て、1999年福島デザイン設立。デザインによる寄付サイト「GIFTHOPE」、被災地支援プロジェクト「unicef祈りのツリー」「JAGDAやさしいハンカチ」など、デザインにおける社会貢献の可能性を探求、実践する。世界ポスタートリエンナーレトヤマ・グランプリ、メキシコ国際ポスタービエンナーレ第1位、カンヌ広告フィスティバル・金賞、ブルガリアポスタートリエンナーレ第3位など国内外の30以上の賞を受賞。TDC、JAGDA、AGI会員。

清水柾行氏(aozora代表 / わたしのマチオモイ帖制作委員会 / 大阪芸術大学客員教授)

大阪生まれ。「すべてはデザイン」という考え方で横断的にデザインプロジェクトを実践する。APEC奈良観光大臣会合レセプション インタラクティブデザイン、グランフロント大阪 ナレッジキャピタル V.Iデザイン、「my home town 私のマチオモイ帖」「デザインマルシェ」「Social Propose クリエイターが社会に対してできること」ディレクター、東北グランマのXmasオーナメント、フクシマオーガニックコットン等の復興支援プロジェクト等、個展「ステカン展」。CSデザイン賞大賞、NY ADC特別賞、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞受賞。(公社)日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)運営委員、大阪芸術大学デザイン学科客員教授。

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

開催中・開催予定のイベント・セミナー