3/16 企業等によるクリエイター募集プレゼンテーション
クリエイティブビジネスマッチング Vol.19

このイベントは終了しました。

メビック扇町ロゴ

大阪で活動するクリエイターと協働により、販路を拡大したり、新事業創出や事業の高度化・高付加価値化を期待する企業等をお招きし、「クリエイター募集プレゼンテーション」を開催します。
今回は、塩ビ工業・環境協会(以下、塩ビ協会)と協働で、PVC Design Awardの紹介を兼ねて、大阪の塩ビ協会傘下の中小企業とクリエイターとの交流と協働を目指して開催します。

日時

2015年3月16日(月)18:30〜21:30(開場・受付開始 18:00)

内容とスケジュール

1社15分の持ち時間でプレゼンテーションを行います。終了後、参加者全員で商談を兼ねた交流会(ビジネスミーティング)を行います。

  1. 18:30〜18:40 趣旨説明
  2. 18:40〜18:55 プレゼンテーション1 PVC Design Award事務局
  3. 18:55〜19:10 プレゼンテーション2 PVCnext / ビニール加工業若手経営情報交換会
  4. 19:10〜19:25 プレゼンテーション3 クロキINC(PVCnext会員企業)
  5. 19:25〜19:40 プレゼンテーション4 三泉工業株式会社(PVCnext会員企業)
  6. 19:40〜19:55 プレゼンテーション5 SUNBOOT / サンブート(PVCnext会員企業)
  7. 19:55〜20:10 質疑応答
  8. 20:10〜21:30 交流会(ビジネスミーティング)
会場

メビック扇町

定員

50人(先着順・定員に達し次第締め切ります)

費用

無料
交流会:1,000円

主催

大阪市
クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

プレゼンテーション1:PVC Design Award事務局(塩ビ工業・環境協会、日本ビニル工業会)(東京都)

事業内容

塩ビ工業・環境協会は、塩ビ樹脂と塩ビモノマーを製造する企業(カネカ、信越化学工業、トーソ、トクヤマ他4社計8社)を会員とする協会。塩化ビニル工業に関する環境、安全に係わる諸問題の調査・研究及びその成果の普及を通じ、塩化ビニルに関する正しい理解を広めることを目的としている。日本ビニル工業会は、塩ビレザーやフィルム、シート、コンパウンド等を製造する企業41社(オカモト、アキレス、三菱樹脂、リケンテクノス等)を会員とし、軟質塩ビ製品加工工業の健全なる発展に寄与することを目的としている。

プレゼンテーション【PVC Design Award 2015の紹介】

今年5回目となるこのアワードは、塩ビ関連業界4団体(事務局2団体と、加工、商業団体)共催の軟質塩ビデザインコンテストで、テーマに沿い、塩ビの特長(機能・素材・環境特性)を活かした清新な作品を表彰します。募集はデザイン提案と製品提案からなり、それぞれ一次審査があり、デザイン提案から選ばれた作品は加工メーカーが無償で製品に仕上げ、製品応募で選ばれた作品と共に最終審査されるというユニークな仕組みになっています(最優秀賞賞金100万円)。最近ではデザイナーと加工メーカーが当初からコラボして製品を応募し、作品もだんだんと質が良くなっていると評価いただいています。この会では、今年のアワードの趣旨、これまでの作品の紹介、そして大阪を中心とする塩ビ加工メーカーの集まりである「PVCnext」をご紹介させていただきます。クリエイターの皆様には、PVCnextとのコラボによる製品応募と最終的な製品化に向けた取り組みを希望いたします。
+PVC Design Award 2014+

報告者
関成孝氏(塩ビ工業・環境協会 専務理事) / 小坂田史雄氏(塩ビ工業・環境協会 環境・広報部部長)

プレゼンテーション2:PVCnext / ビニール加工業若手経営情報交換会(東大阪市長田中)

事業内容

2012年1月設立。西日本のビニール加工業界の若手経営社企業17社からなる組織。ビニール加工業界における情報交換・技術開発の貢献に努めると共に、必要な共同事業を行い、会員の経済活動を促進し且つ、その経済的地位の向上を図る事を目的としている。

プレゼンテーション【PVCnextの紹介】

今年4年目となる当会は、異業種交流をテーマに、ファッション業界の上田服飾専門学校とのコラボによりPVC作品を製作し、PVC Design Awardに作品を応募して来ました。2013年には、「おしゃれにカベピタ!PVC吸盤」が入賞しています。またアワードのデザインの部の制作に協力し、「CELL」と「AIR CELL」が優秀賞に選ばれています。2014年には上田学園とのコラボ作品「2度おいしいサドルカバー」と「水槽」が入賞し、制作協力作品「TETRA」と「泡風呂敷」が優秀賞に選ばれました。これらの中から、「おしゃれにカベピタ!PVC吸盤(ピタットハンガー)」や「CELL(PC CELL)」などの製品化を進めています。今年も産学コラボでレインブーツを制作(2015上田コレクション展示 SUNBOOT / PVCnext)など学生や一般のクリエイターとのコラボを積極的に進めています。クリエイターの皆様には、PVCnextとのコラボによりアワードへの製品応募と最終的な製品化に向けた取り組みを希望いたします。

報告者
河野修一郎氏(代表幹事 / 株式会社河野プラテック)

プレゼンテーション3:クロキINC(東大阪市藤戸新田・PVCnext会員企業)

事業内容

軟質ビニール製品の企画販売、提案

プレゼンテーション【軟質ビニール製品(主に文具 雑貨商品)のクリエイターさんとのコラボ作品製作および商品化】

当社は主に文具、雑貨商品の企画販売を手掛けており、ビニール素材の特性を活かし、異素材との融合商品などオリジナリティーのある高付加価値製品を創り出しています。お客様のご要望に対し、培ったノウハウを元に、よりクオリティーの高い製品の提案を心がけ、又高度な技術力を持つさまざまな協力工場の支えにて、商品の提供をさせて頂いております。PVCnextにおいては、昨年上田学園との産学コラボ作品ではクマのぬいぐるみをイメージした「クマリュック」の制作を担当し、入賞は逃したものの、他の入賞作品の制作にあたり、データ処理や制作方法などの提案で協力参加しました。今後も、クリエイターの皆様と共に、魅力有る作品を作り上げて、さらに商品化につなげていきたいと願っております。

報告者
黒木義明氏(クロキINC 代表)

プレゼンテーション4:三泉工業株式会社(東大阪市新家・PVCnext会員企業)

事業内容

軟質ビニール製品の製造販売、企画、提案

プレゼンテーション【軟質ビニール製品(IDカードケース・ビニールファイル・手帳カバー等)のクリエイターさんとのコラボ作品製作および商品化】

当社はプラスチック素材を用いてあらゆる加工手段を使いオリジナリティーのある高付加価値製品を創り出しています。塩ビ製品では軟質・硬質とも扱っており、主に高周波ウエルダーを使用しIDカードケース・ビニールファイル・手帳カバー・証書入れなど製造しています。また、箔押しやシルクだけでなく、インクジェット印刷、カラー印刷に適応するオフセット印刷も手軽にできます。塩ビの加工など40年にのぼる膨大なノウハウを蓄積しており、これを用いてPVCnextにおいては、アワードのデザインの部で「TETRA」の制作協力を担当し優秀賞をいただきました、また、上田学園との産学コラボ作品「2度おいしいサドルカバー」の制作を担当し、入賞しました。今後も、クリエイターの皆様と共に、魅力有る商品を作り上げて、販売につなげていきたいと願っております。

報告者
三原健一郎氏(三泉工業株式会社 代表)

プレゼンテーション5:SUNBOOT/サンブート(奈良県葛城市・PVCnext会員企業)

事業内容

1948年の創業以来、安全で安定した国産原料を使用し自社工場で一貫した管理のもと『MARURYO』ブランドのサンダル・ブーツを生産してまいりました。多様化するニーズに対応し、小ロット・クイックレスポンスで応えお客様と共に発展を目指してまいります。これからも“MADE IN JAPAN”にこだわり品質の優れた『MARURYO』ブランドを提供していきます。

プレゼンテーション【軟質ビニール製品(サンダル等)のクリエイターさんとのコラボ作品製作および商品化】

サンブートはPVC関連の商品を新しい視点から企画・開発し販売する企業であり、2012年には染色企業と手を組んで、デザイナーや職人自らの手描き・着色によるサンダルが完成し、『塩ビものづくりコンテスト:PVC Design Award 2012』で、優秀賞を獲得し高い評価を頂きました。また、たんぽぽの家アートセンターHANAとのコラボレーションでは、障害のある人の仕事と収入を増やすにはどうすべきかという課題に対して、障害のある人の個性的で多様な表現(アート)のおもしろさを日常生活で使えるアイテムに作り込めないかと考え、アートセンターHANAの所属アーティストと森川ゴム工業所のコラボによりアートのブーツへのうつし込みが実現し商品化しました。これらは、PVCに新たな価値を生み出す製品となっています。今後も、クリエイターの皆様と協働して新たな製品のアイデアや商品化に一緒に取り組んでいただきたいと考えております。

報告者
森川良一氏(SUNBOOT / サンブート 代表)

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

開催中・開催予定のイベント・セミナー