生活を豊かにするデザイン
クリエイティブトークセッション

このイベントは終了しました。

クリエイティブエキスポ

デザインとは特別なものではなくもっと身近なものです。デザインの持つ力や可能性、社会に与える影響について考えることは、豊かさの本質を考えることにもつながります。
このフォーラムでは、異なるジャンルの第一線で活躍する3名のクリエイターを迎え、それぞれの立場から、デザインについて分かりやすくお話しいただきます。
デザインに対する理解を深めていただくきっかけづくりにぜひ足をお運びください。

日時

2011年2月25日(金)
18:30〜21:00(18:00受付開始)

会場

ブリーゼホール7F 小ホール(大阪市北区梅田2-4-9)

定員

200名(先着順)

参加費

無料

申込・問合

ウェブサイト、E-mailでのお申込はイベント前日(2月24日)まで受け付けております。

イベント当日、2月25日(金)のお問合せ、ご予約はメビック扇町(TEL:06-6316-8780)までお電話ください。夕方17:00まで受け付けております。
17:00以降は、直接、会場(ブリーゼブリーゼ)までお越しください。

TEL・FAX・E-mailでお申込の方は下記までご連絡ください。

メビック扇町
TEL:06-6316-8780(9:45〜18:15 土・日・祝日は休館)
※2月25日(金)は17:00まで
FAX:06-6316-8781
E-mail:info@mebic.com

主催

メビック扇町

備考

※出演者の急病、天候不良などにより開催を延期または中止する場合があります ※個人情報の取り扱いについて: (財)大阪市都市型産業振興センター メビック扇町では、お客様の個人情報に関してプライバシーの保護に最大限の注意を払っております。お客様の個人情報は、お客様の同意なく第三者に提供致しません。また「本イベント受付」以外の目的には利用致しません。詳しくは財団ウェブサイトをごらんください。

スケジュール

18:30〜18:50

講演1「すべてはデザイン」

清水 柾行氏|青空(株) 代表 グラフィックデザイナー

18:50〜19:10

講演2「デザインしないデザイン」

杉崎 真之助氏|(株)真之助デザイン 代表取締役 グラフィックデザイナー クリエイティブディレクター

19:10〜19:30

講演3「つながりのデザイン」

山崎 亮氏|studio-L 代表 コミュニティデザイナー ランドスケープデザイナー

19:30〜19:40

休憩

19:40〜21:00

トークセッション

清水 柾行氏
杉崎 真之助氏
山崎 亮氏

清水 柾行氏|青空(株) 代表

清水 柾行氏

グラフィックデザイナー

すべてがデザイン。自然や社会という大きな器の中で人がよりよく生きるための行為。おもしろさへの感動、理解する楽しさ、発見する歓び。ソーシャルなテーマとビジネスをデザインで繋ぎながら学び続けていきたい。大阪生まれ。APEC奈良観光大臣会合レセプション インタラクティブデザイン、ロボットキッズアカデミー CSRデザイン、バルセロナオリンピック日本競泳チームロゴデザイン、国際環境フォーラム<ジオカタロフィ> V.Iデザイン、世界グラフィックデザイン会議デザインフェアー「デザイン・デパート」アートディレクション、個展「ステカン展」、CSデザイン賞大賞、NY ADC特別賞、キッズデザイン等受賞。JAGDA全国大会2008 実行委員長、JAGDA大阪地区代表幹事、大阪芸術大学デザイン学科非常勤講師。

このページのトップに戻る

杉崎 真之助氏|(株)真之助デザイン 代表取締役

杉崎 真之助氏

グラフィックデザイナー クリエイティブディレクター

1953年奈良県生まれ。デザインを情報の構築と印象の設計と定義し、明快で良質なコミュニケーションの実現をめざす。一貫したデザイン理念で文化関連から企業のブランディング、情報デザイン、空間計画まで、幅広く活動。新しい試みを個展として精力的に発表し、国内外で多くの展覧会や講演を行う。ニューヨークADC特別賞、ニューヨークTDC優秀賞、グッドデザインアワード、レッドドットデザイン賞、HKDAアジアデザイン賞の他、トヤマ、トルナバ、ブルノ、ワルシャワ、ラハティなどの国際コンクールで数々の賞を獲得。作品はハンブルク美術工芸博物館、香港文化博物館など多数コレクションされている。作品集に「ソリッドグラフィ」「印象の構造」「新世代グラフィックデザイナー」他。大阪芸術大学客員教授、AGI会員。

このページのトップに戻る

山崎 亮氏|studio-L 代表

山崎 亮氏

コミュニティデザイナー ランドスケープデザイナー

1973年生まれ。公共空間のデザインに携わるとともに、完成した公共空間を使いこなすためのプログラムデザインやプロジェクトマネジメントに携わる。その際、常にプロジェクトを通じて積極的にまちへと関わる主体を生み出すことを目指している。最近は中山間離島地域のまちづくりや総合計画づくりに関わることが多い。共著に『テキスト:ランドスケープデザインの歴史』『震災のためにデザインは何が可能か』『マゾヒスティックランドスケープ』など。主な仕事に、兵庫県立有馬富士公園のパークマネジメント、島根県海士町の総合振興計画、鹿児島市のマルヤガーデンズのコミュニティデザインなど。公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構主任研究員。京都造形芸術大学、京都市立芸術大学、大阪工業大学、近畿大学、武庫川女子大学、大阪工業技術専門学校講師。

このページのトップに戻る

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

開催中・開催予定のイベント・セミナー