プロデューサーサポートオフィス(PSO)とは

既存クライアントからの発注だけに頼るのではなく、積極的にクリエイターと企業とのネットワークを拡げ、情報発信を続けることによって新たな事業創出や高付加価値化に取り組む、クリエイティブビジネスをプロデュースするクリエイターの育成・活動支援を目的として設置されました。
入所団体はメビック扇町の活動と連携・協働しながらネットワークを広げるとともに、プロデュース能力を高め、成長にチャレンジしています。

入所をご希望される方はこちらをご覧ください。

天満販売促進部

代表者

竹内 進

部屋番号

プロデューサーサポートオフィス 1号室

ウェブサイト

https://tenma-hansoku.com/

活動内容

「天満販売促進部」は、アートディレクター、フォトグラファー、コピーライター、空間デザイナー、ディスプレイデザイナーがメビック扇町コーディネーターとして出逢い、結成したクリエイティブユニット。
企業における販売促進ツールの企画制作、地域創生のプランニング、イベントの企画運営などの活動を展開しています。

関西デジタルコンテンツ事業協同組合

代表者

久保田 善文

部屋番号

プロデューサーサポートオフィス 2号室

ウェブサイト

http://kandigi.net/

活動内容

セミナーイベント事業:カンデジ連続セミナー、関西ネットショップ大学、カンデジMG研修、Fuseイベントなどの開催、他団体との共催・協力
ビジネス創出事業:共同受注、展示会・ビジネスマッチングイベントへの参画
広報・交流事業:カンデジサイト運営、他団体・行政と連携した活動

協業工房

代表者

大倉 清教

部屋番号

プロデューサーサポートオフィス 4号室

ウェブサイト

http://c-ws.jp/

活動内容

協業工房は、多様な人々が集い協業(コラボレーション)を醸成し、ビジネスに変革(イノベーション)を生み出す「場」。
交流会等やテーマ毎のセミナー等のイベント開催を行い、ジャンルを超えた様々なワークショップ運営によって自発的な事業プロジェクト創出のための「場」を提供する活動。

大阪DTPの勉強部屋

代表者

宮地 知

部屋番号

プロデューサーサポートオフィス 5号室

ウェブサイト

http://www.osakadtp.com/

活動内容

デザイン・DTPの現場で役立つ知識と技術の勉強会開催。
デザイン・DTPの技術と歴史の研究と展示会開催。

協同組合ジャパンデザインプロデューサーズユニオン

代表者

吉田 順年

部屋番号

プロデューサーサポートオフィス 6号室

ウェブサイト

http://www.jdpu.or.jp/

活動内容

協同組合ジャパンデザインプロデューサーズユニオンは、デザインプロデューサー資格認定制度である「JDPU認定プロデューサー」の認定、官公庁や一般企業を対象とした共同受注(公的資格「官公需適格組合」取得)、文芸美術国民健康保険への加入(個人事業主のみ)等、組合員のデザインビジネス向上・改善のための活動を行っています。

(株)BIM LABO

代表者

河野 誠一

部屋番号

プロデューサーサポートオフィス 8号室

ウェブサイト

http://www.bimlabo.jp/

活動内容

BIMを伝える・BIMコンテンツを創る・BIMを使える人を育てる・BIMを創るソフトウェアを開発するを基本理念にBIM LABOはそれぞれがエキスパートとなり、建築業界の業務プロセスの技術革新を推進し、社会に貢献します。

メビック扇町の活動

イベント・セミナー情報

イベントカレンダー

クリエイティブクラスター活動

クリエイティブクラスター

大阪市内クリエイター・企業の紹介

イベントスペースの貸出

交流スペース・ロビー

最新情報はこちら

メールマガジン