『MEBIC COLLABORATION CASE STUDIES 2016 メビック扇町から生まれた協働事例集2016』発行

『MEBIC COLLABORATION CASE STUDIES 2016 メビック扇町から生まれた協働事例集2016』表紙

大阪のクリエイターと、ものづくり企業や行政など、異業種との最新コラボレーション事例をまとめた「MEBIC COLLABORATION CASE STUDIES 2016 メビック扇町から生まれた協働事例集2016」を発行しました。発行5冊目となる最新事例集では、地域活性化、観光、ものづくり、食と農…あらゆる分野でクリエイターのアイデアや表現力が活かされた12の事例を紹介。その中には徳島県や島根県など府外で実現した協働事例もあり、近年、13,000社にのぼるクリエイティブ産業集積地・大阪で、力をつけたクリエイターたちの活躍の場が、地方へと拡がりを見せていることが伺えます。なお、昨年末に調査・集計した結果、協働事例の総数は2003年の集計開始から数えて、2,368件になりました。

冊子は無料で配布しておりますので、ご希望の方は、メビック扇町事務局までお越しください。

プレスリリース

掲載事例

  • 目からウロコのアイデアで、カッティングマットの市場に風穴
  • 阿波踊りの魅力をキャラクターで表現『徳島阿波キャラ!有名連』
  • IT企業、過疎の街へ
  • 等身大3Dフィギュアをコラボで
  • 既成概念を変える中古住宅市場活性化の起爆剤
  • 旅する昆布——海と食卓を繋ぐ一冊
  • 人から人へ伝播する、マチオモイの魔法
  • ここから始まる、家族の物語
  • ミニマムなデザインをまとい、バネがお香立てに生まれ変わる
  • 特産品で共鳴する、生産者とデザイナー
  • シャクヤク園に、灯りと憩いを
  • エンタメとクリエイティブの幸福な出会い

『MEBIC COLLABORATION CASE STUDIES 2016 メビック扇町から生まれた協働事例集2016』裏表紙

発行部数

3,000部

発行日

2016年03月29日

発行元

公益財団法人大阪市都市型産業振興センター
クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

公開

2016年03月31日(木)

メビック扇町の情報はメールマガジンRSSTwitterFacebookなどで配信しております。

« 前|大阪で活躍する40歳以下のクリエイターを紹介する
『OSAKA UNDER 40 CREATORS INTERVIEW』発行

記事一覧

『ポストカードで届ける一枚のマチオモイ』
作品募集のお知らせ
|次 »