「IoT(モノのインターネット)・AI(人工知能)って何だ?」

I-LABO - クリエイターのためのイノベーション創出研究会 Vol.5

I-LABOロゴ

メビック扇町では、クリエイターが持つ創造力や表現力、課題解決力等を活かし、産業、経済、社会の様々な分野でのイノベーション創出に向け、クリエイター自身が各専門領域における知識を修得しクリエイティブニーズを探るとともに、専門家との交流を深める機会として、「I-LABO-クリエイターのためのイノベーション創出研究会」を開催します。I-LABOでは、各回毎に各分野の専門家を招聘し、クリエイターとの情報交換と交流を行います。

第5回目は、長年行政の現場でものづくり中小企業と向き合い、中小企業が有する技術や現場の課題に豊富な知見を有する、ものづくり知好楽 代表 森田誠氏にお越し頂き、ものづくりにおける近年のIoT・AIの動向や今後の発展可能性について話題提供を頂くとともに、クリエイターの果たすべき役割や参入可能性について意見交換を行います。

日時

2017年12月19日(火)19:00~21:00(開場 18:30)

終了後、別会場で交流会開催(参加は任意)

参加対象者

大阪で活動するクリエイター(テーマに関心がある方)

※I-LABOは、テーマに関心がある若手クリエイターを対象に行う研究会のため、参加ご希望の方には、事前にテーマに関する関心事や話題提供者に対する質問事項等をご記入いただき、積極的に意見交換に参加していただきますので、ご了承ください。

定員

20名
※お申込みが定員を超えた場合には「クリエイティブクラスター」に掲載されている事業所所属の方を優先します。また申込みが定員に達しなくても、上記参加資格に該当しない方はお断りする場合があります。

エントリー締切

エントリーは12月5日(火)をもちまして締切ました。
若干名追加募集をしております。定員に達し次第締め切ります。(12月7日(木)追記)

参加可否の通知

締切日以降にメビック扇町からメールでご連絡します。

参加費

無料(要事前エントリー)
交流会:実費(別会場、参加は任意)

会場

メビック扇町

主催

大阪市
クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

IoT(モノのインターネット)・AI(人工知能)って何だ?

今話題のIoT(モノのインターネット)・AI(人工知能)って何でしょうか? IoTは「モノのインターネット」と言われますが、「?」という方が多いのではないでしょうか。AI(人工知能)は、チェスや将棋、オセロなどのゲームで、人間のチャンピオンと対戦し勝利し話題になっていますが、人間の思考をコンピュータに置き換えようとする試みです。これらの技術がものづくりのあり方を変え、私たちの生活にどのような影響を与えるのでしょうか? このような技術が生まれてきた背景と共に考えていきたいと思います。IoT(Internet of Things):I(いろんなことに)O(応用できる)T(テクノロジー)としてまず考えてみましょう。

イメージ

森田氏

森田誠氏(もりた まこと)|ものづくり知好楽 代表
大阪府出身、大阪府の職員として公共職業訓練で製造系科目の職業訓練指導員を約36年間勤め、今年3月末の定年退職を機に個人事業「ものづくり知好楽」を4月から開業。現在、中小製造業の技術支援(人材育成支援・ものづくりの歴史の伝承)、ミラサポ専門家(中小企業庁委託事業とした中小・小規模事業者支援事業)、大東市が実施するD-Biz(創業を含む企業支援)で、ものづくりアドバイザーとして企業支援を行っています。

お申込

下記申込フォームからお申込みください。

キャンセル

下記リンク先のフォームよりキャンセル手続きをしてください。
※キャンセル待ちの受付ではありません。

フォームがご利用できない方は、下記までご連絡ください。
【メビック扇町】TEL:06-6316-8780(10:00~21:30 土・日・祝日は休館)

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

日時

2017年12月19日(火)
19:00〜21:00

参加費

無料(要事前エントリー)
交流会:実費(別会場、参加は任意)

会場

メビック扇町

« 前|11/29 クリエイターによるシーズ発表会

記事一覧

12/26 企業によるクリエイター募集プレゼンテーション|次 »