デザインの力で医療現場に寄り添ってみると。

クリエイティブサロン Vol.141 加藤良子氏

医療にまつわる問題をデザインの力で解決できるように医療現場に常駐して働いています。医療業界らしい事柄から失敗事例や病院スタッフに言われた一言、クリエイターに知ってほしいことなど「個人的な意見」と「なかの人」の両面で医療のデザイン事情をお伝えします。また、ホスピタルアート活動についても知っている範囲でご紹介したいと思います。

加藤良子氏(かとう りょうこ)

1984年神戸生まれ。神戸女子大学家政学部卒業後、製薬メーカー勤務を経てコピーライターの世界へ。医療用語をそぎ落とした説明文をつくることが好きでイラストの制作は苦手。2012年から病院のデザイナーとしてウェブデザイン、紙媒体の作成、コンセプトづくりや概念を取り扱う仕事に従事。2015年からはアーツプロジェクトの制作にも参加中。

作品

クリエイティブサロンとは

毎回、様々なジャンルのクリエイターをゲストスピーカーにお招きし、ゲストの人となりや活動内容を参加者のみなさんとお伺いするとともに、ゲストと参加者、また参加者同士が、少人数でコミュニケーションを深める場として開催しています。
クリエイティブサロン一覧

日時

2017年12月13日(水)18:30~20:00

会場

メビック扇町 ロビー

参加費

無料(要事前申込)

定員

20名(先着順)

主催

メビック扇町

お申込

下記申込フォームからお申込みください。

キャンセル

下記リンク先のフォームよりキャンセル手続きをしてください。
※キャンセル待ちの受付ではありません。

フォームがご利用できない方は、下記までご連絡ください。
【メビック扇町】TEL:06-6316-8780(10:00〜21:30 土・日・祝日は休館)

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

日時

2017年12月13日(水)
18:30〜20:00

参加費

無料(要事前申込)

会場

メビック扇町

« 前|デザインキャリア60年の視点 / ネット社会でのデザイナーの生き方

記事一覧

|次 »