神山生活5年。暮らし方のデザイン

クリエイティブサロン Vol.138 廣瀬圭治氏

人口約5,500人。高齢化率47%の過疎の町。縁もゆかりもない徳島県神山町に移住し丸5年。デザイナーとして、地方で暮らすとは? 地方で仕事をするとは? 自社ブランド「SHIZQ(しずく)」の立ち上げから現在に至るまでのお話、地方コミュニティーのリアルなど、私の5年を赤裸々にお話します。

廣瀬圭治氏(ひろせ きよはる)

キネトスコープ社 代表 / アートディレクター
20代前半はバイクで全国を旅する放浪生活。20代後半はVJとして全国のイベントに出演。映像クリエイター、グラフィックデザイナーを経て、2003年に大阪市でWEBデザイナーとして独立。2005年、社名をキネトスコープ社とし、クロスメディアを活かした企業ブランディングを手がけてきた。2012年「わたしのマチオモイ帖」展覧会をきっかけに、神山町へ移住し、田舎暮らしをはじめる。徳島県のデザイン振興担当、NPOグリーンバレー理事に着任。翌2013年、人工林の課題にデザインでアプローチする「神山しずくプロジェクト」を発足。GOOD DESIGN AWARD 2017受賞。
Kinetoscope.(キネトスコープ社)

作品

クリエイティブサロンとは

毎回、様々なジャンルのクリエイターをゲストスピーカーにお招きし、ゲストの人となりや活動内容を参加者のみなさんとお伺いするとともに、ゲストと参加者、また参加者同士が、少人数でコミュニケーションを深める場として開催しています。
クリエイティブサロン一覧

日時

2017年10月30日(月)19:30~21:00

会場

メビック扇町 ロビー

参加費

無料(要事前申込)

定員

20名(先着順)

主催

メビック扇町

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

日時

2017年10月30日(月)
19:30〜21:00

参加費

無料(要事前申込)

会場

メビック扇町

« 前|デザイナーのONとOFF

記事一覧

オリエンにおけるクライアントの本質|次 »