「映像未来」COSMICLABの映像表現と可能性

JDPUプロフェッショナルセミナー Vol.2

「『映像未来』COSMICLABの映像表現と可能性」フライヤー

昨今、様々なイベントや商業空間で映像作品、特にプロジェクションマッピングを目にすることが多くなりました。数十年前から欧米で使われ始めた技術ですが、ペインティングなどに比べ映す物自体に傷をつけない、大勢が一堂に楽しめる、年齢問わず楽しめるなどの観点から注目の演出方法です。今回のプロフェッショナルセミナーは関西を中心に国内外から注目される映像集団COSMICLABさんを迎えて開催いたします。

一昨年5月の高野山開山1200年メインイベントでは壇上伽藍の根本大塔をプロジェクションマッピング、レーザー、和太鼓、高野山僧の声明などを用いた演出で、1200年の時を経て、空海の密教世界観を表現しました。まさに高野山と宇宙が繋がり、交信するような演出は何万人もの観客を釘付けにしたのです。その後も、美術館、京都の歌舞練場など様々な場所を映像で彩る彼らから、普段聞けないプロジェクトのプロセスや演出の工夫を聞ける貴重な機会です。プロのクリエイターの方から学生さんまで大勢の方に聞いていただきたい内容です。どうぞ、ふるってご参加ください。

日時

2017年10月26日(木)19:00~21:00(開場 18:30)

会場

メビック扇町

参加費

一般予約:1,500円
学生予約:500円
JDPU組合員・賛助会員:1,000円

主催

JDPU(協同組合ジャパンデザインプロデューサーズユニオン)

共催

クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

詳細・お申込
(外部ページに移動します)

COSMICLAB株式会社

アートとテクノロジーを結びつけて、デジタルシステムまでを作品に昇華した、未知なるヴィジュアル&オーディオの体験を探求する実験室。今夏、カザフスタン・アスタナ万博にて、盆踊りをテーマにしたオーディオ・ヴィジュアル・パフォーマンスを披露し、新時代の異文化交流と祝祭空間を創出。代表作「高野山1200年の光」では総勢100名の真言宗僧侶による声明とプロジェクションマッピングを融合させ、延べ3万人近い動員を達成し日本イベントアワードを受賞。バーニングマン発、大阪「味園ビル」経由の大祝祭アートパーティー「FLOWER OF LIFE」をルーツに持つ。

Colo Miuller氏:COSMICLAB株式会社 代表取締役社長

Colo Miuller氏

ダンスフロアから世界遺産までを舞台にヴィジョンを投影するビデオアーティスト。VJ歴19年。20世紀末、フリークアートフェス“BURNING MAN”への参加を機にVJユニット “BetaLand”を始動し、その後パーティー“FLOWER OF LIFE”のオーガナイズを愉快な仲間達と手掛ける。その活動をさらに有機的に拡張させる為に、ミックスメディア・プロダクション“COSMICLAB”を創業する。アートギャラリー“GALAXY GALLERY”のプロデュースなどを手掛ける一方で、VJやヴィジュアル表現の実験を続け、それらの活動をクロスオーバーさせることで現在のスタイルに至る。

高良和泉氏:COSMICLAB株式会社 制作総務 / 取締役

アートギャラリー“GALAXY GALLERY”、アンテナショップ“CLAZYMARKET”、カフェバー“PRATAS”をColo Miullerと共同運営。パーティ“Flower Of Life”が縁となり、味園ビルと関係を深くする。現在は、主にプロジェクトマネージメントを担当。

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

日時

2017年10月26日(木)
19:00〜21:00

参加費

一般予約:1,500円
学生予約:500円
JDPU組合員・賛助会員:1,000円

会場

メビック扇町

« 前|まちづくり(パークマネジメント)×クリエイティブ(デザイン)

記事一覧

my home town わたしのマチオモイ帖 特別展|次 »