3団体から3世代3人ずつのトーク3昧 第2弾 言葉の殴り愛。

APA×JAGDA×OCC in Mebic

フライヤー

メビック扇町では、昨年に続き、日本広告写真家協会(APA)関西支部、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)大阪、大阪コピーライターズ・クラブ(OCC)の3団体からスピーカーをお迎えして、トークセッションを開催します。

写真、デザイン、コピー。3つの団体によるコラボイベント、待望の第2弾。
若手、中堅、ベテラン。3つの世代ごとに各団体が3人の代表選手を選抜。
各団体推薦のモデレーターがバトルをさばく、60分1本勝負3試合。
3時間にわたるクリエイティブトーク3昧。さあ、今回はどんな話が飛び出すか。

日時

2017年2月25日(土)14:00〜20:00
(開場・受付開始:13:30 交流会:18:00〜)

スケジュール

  1. 14:00〜14:30 各団体の活動紹介(3団体)
  2. 14:30〜15:30 若手の部
  3. 15:40〜16:40 中堅の部
  4. 16:50〜17:50 ベテランの部
  5. 18:00〜20:00 交流会

※スケジュールは変更になる場合がありますので、ご了承ください。

会場

メビック扇町

定員

100名(要申込・先着順 定員を大幅に超えた場合にはお断りすることがあります。)

費用

無料
交流会:1,000円

主催

大阪市
公益財団法人大阪市都市型産業振興センター クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町
公益社団法人日本広告写真家協会(APA)関西支部
公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)大阪地区
大阪コピーライターズ・クラブ(OCC)

若手の部

  • APA関西:松林 真幸氏(creative unit TF21 / フォトグラファー)

    1988年3月20日生まれ。28歳。2年間のアシスタント経験の後、広告制作会社にて3年勤務。 2013年からフリーランスとして独立。2014年にTF21 Photo Studioを設立。広告・雑誌等撮影をメインとして業務をこなす。人物・料理写真が主な業務だが、商品撮影・建築撮影・風景撮影等も行うマルチプレイヤー。

  • JAGDA大阪:細川 誠明氏(株式会社エーディーグラフィカ代表取締役 / Art Director)

    1978年広島県生まれ。広告代理店の制作局を経て2008年に株式会社エーディーグラフィカを設立。グラフィックを中心に広告・SP・CIやWEBなど幅広く手がけている。「効果を生むための、機能するデザイン。」をモットーに、業種やシーンにとらわれずクライアントの課題解決のために事業を展開。

  • OCC:正樂地 咲氏(株式会社電通関西支社 / コピーライター / CMプランナー)

    2007年、株式会社電通入社。2016年ACC賞ラジオCM部門ゴールド。ラジオが好きで、会話に興味があります。今回は初対面の方と会話。それも人前で。緊張しますがとても楽しみです。

  • レフリー / モデレーター(OCC):山本 良二氏(近畿大学 総合社会学部教授)

    1980年、株式会社電通入社以来、関西支社クリエーティブ局勤務。コピーライター、CMプランナーを経て、エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターへ。36年間、一貫して広告の企画制作に携わってきた。2016年4月より、近畿大学 総合社会学部の教授に。広告論などを担当。

中堅の部

  • APA関西:吉川 幸宏氏(f8 / フォトグラファー)

    1968年6月21日生まれ。東京のスタジオにて2年間勤務後、フォトプロダクションにて勤務。株式会社コンパクトフォトプロダクツ設立。個人事務所f8設立。現在に至る。主に人物を主体とした広告、カタログ、パッケージ等を手掛ける。 USJのメインキービジュアル、ワコール新ブランドほか。

  • JAGDA大阪:カズ・オオモリ氏(グラフィック・アーティスト / Tune Grafik主宰 / 奈良芸術短期大学・准教授)

    奈良芸術短期大学デザインコース卒業。アメリカ・ミネアポリスの広告制作会社にて社内イラストレーターとして活動後、帰国。現在、Tune Grafik主宰。奈良芸術短期大学・准教授。ディズニー・アメリカ公式イラストレーター。エージェント:Poster Posse(USA)所属。

  • OCC:村中 元氏(コピーライター)

    1999年よりコピーライター。制作会社を経て、2005年にリクルートコミュニケーションズで採用広告のディレクターを9年勤める。2014年からフリーランス。今は採用広告だけでなく販促やブランディングも手がけています。「その問いがなければ、この仕事はこの世に存在しなかった」をいつも目指してがんばっています。

  • レフリー / モデレーター(APA):平林 義章氏(有限会社スタジオアルマ勤務 / フォトグラファー)

    1970年名古屋生まれ。1993年株式会社アテック入社。能勢安治氏に師事。APA公募展入選二回。活躍の場を京都での仕事を中心に、広告写真のほか学校アルバム等の商業写真など、ジャンルを問わずに多方面で撮影を行っている。シュピーゲル写真家協会に参加、展覧会にも出展している。

ベテランの部

  • APA関西:後藤 鐵郎氏(株式会社イゾラ 代表取締役 / フォトグラファー)

    日本大学芸術学部写真学科卒業、1976年株式会社ササキスタジオ入社、1980年株式会社オレンジ写真部入社[旧社名:AZビジコム]、2014年株式会社イゾラ設立、フリーランスに。広告、雑誌・書籍を中心に撮影。個展5回、グループ展多数。「年鑑日本の広告写真」に入選10数回。著書写真集に「いまでも天国にいちばん近い島」(PHP研究所)、「Vita Italiana」(リブロアルテ)。

  • JAGDA大阪:松井 桂三氏(アートディレクター / グラフィックデザイナー / アーティスト / 大阪芸術大学短期大学部学科長、教授)

    米国アップル社Macのバッケージデザインシステム基本デザイン構築に携わる。政府広報(内閣府ほか全省庁使用)統一シンボルマーク制作。最近では2014年国立エルミタージュ美術館(ロシア)250周年記念ポスター4点シリーズを依頼され制作。2016年パリ芸術祭参加、ポスター制作や講演を行う。国内外のデザインコンペでグランプリ他賞歴は多数。個展は海外の美術館で数カ所招待を受ける。世界各地でデザインコンペの国際審査員や講演を行う。また5年前から「ガラスと陶器の融合する」アート作品を制作している。

  • OCC:西林 初秋氏(有限会社西林敏一事務所 代表取締役)

    1962年大阪生まれ。コピーライターとして広告制作に携わる一方で、酒場雑誌「季刊25時」の編集長、映画「能登の花ヨメ」のプロデューサー、毎日新聞「大人の遊び場」のコラム連載、雑誌「あまから手帖」の特集執筆、FM COCOLOの「門上西林物見遊山」のラジオDJなども務める。

  • レフリー / モデレーター(JAGDA):木村 泰子氏(有限会社鮮デザイン代表 / Art Director)

    兵庫県出身。神戸の制作会社を経て、板倉忠則氏に師事。2004年から独立。2005年 鮮やかに記憶に残るデザインという意味を込めて有限会社鮮デザインを設立。2児のママとして、女性としての視点を活かしつつ、広告やグラフィックツールをデザインしている。

お申込

メビック扇町、もしくは大阪産業創造館(メビック扇町関連施設 以下産創館)ウェブサイトからお申込みください。産創館ウェブサイトからのお申込みは、初回のみユーザー登録が必要です。

産創館申込フォーム

キャンセル

下記リンク先のフォームより手続きをしてください。産創館から申し込まれた方は、産創館ウェブサイトのイベントページからキャンセル手続きをお願いします。

フォームがご利用できない方は、下記までご連絡ください。
【メビック扇町】TEL:06-6316-8780(10:00〜21:30 土・日・祝日は休館)

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

日時

2017年02月25日(土)
14:00〜20:00

参加費

無料
交流会費:1,000円

会場

メビック扇町

« 前|MG研修2デイ2017年2月11・12日

記事一覧

プレゼンテーション大会 クリエイター×CB / SB・NGO / NPO|次 »