日常とデザイン シェアハウスに事務所を移転して

クリエイティブサロン Vol.122 大崎淳治氏

大崎淳治氏

池田市のシェアアパートメントに事務所を移転して早や4年が経ちます。そこは若くて感度の高い様々な業種の人達、男女50人が暮らす築80年のビル。アートとカルチャーをコンセプトに、デザインの原点とも言うべき開かれたコミニュケーションがここには存在します。そんな日常の真ん中には新しい感性や刺激が満ち溢れていて、デザインを生み出す環境に、とてもプラスになっています。
そして今回は、三木健さんとの出会いから三木健デザイン事務所スタッフ時代、独立から現在までのお話を交えて、デザインの思考と事例をお話しできればと思います。

大崎淳治氏(おおさき じゅんじ)

大崎事務所 代表 / アートディレクター、グラフィックデザイナー
1999年大崎事務所 設立、ブランディングを中心にCI、VI、BI、ロゴ、パッケージ、サインデザイン等活動は多岐にわたる。
近年は、ニフレル(expo city):VI / あべのハルカス展望台、ハルカス300:VI / 大阪弁護士会:VI / 北おおさか信用金庫:VI / 府中病院:サインデザイン
2016年:CSデザイン賞 優秀賞、その他デザイン賞多数受賞
日本グラフィックデザイナー協会 会員
大崎事務所

作品

クリエイティブサロンとは

毎回、様々なジャンルのクリエイターをゲストスピーカーにお招きし、ゲストの人となりや活動内容を参加者のみなさんとお伺いするとともに、ゲストと参加者、また参加者同士が、少人数でコミュニケーションを深める場として開催しています。
クリエイティブサロン一覧

日時

2017年02月23日(木)19:30~21:00
定員に達した為、受付は締め切りました。

会場

メビック扇町 ロビー

参加費

無料(要事前申込)

定員

20名(先着順)

主催

メビック扇町

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

日時

2017年02月23日(木)
19:30〜21:00

参加費

無料(要事前申込)

会場

メビック扇町

« 前|仕事の生み出し方、歩き続けるコツと潮目の読み方

記事一覧

有名になりたきゃ、金を出すより頭を使え|次 »