3団体から3世代3人ずつのトーク3味

APA×JAGDA×OCC in Mebic

フライヤー

メビック扇町では、日本広告写真家協会(APA)関西支部、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)大阪、大阪コピーライターズ・クラブ(OCC)の3団体から世代毎に一人ずつのスピーカーをお迎えして、トークセッションを開催します。
関係がないようで関係があるのに関係がなかった親戚同士のような、写真、グラフィックデザイン、コピーに携わるクリエイター同士によるごちゃ混ぜトークを行います。一体どんなコミュニケーションが生まれるのか?皆さんのお越しをお待ちしています。

日時

2016年2月27日(土)14:00〜20:00
(開場・受付開始:13:30 交流会:18:00〜)

スケジュール

  1. 14:00〜14:30 各団体の活動紹介(3団体)
  2. 14:30〜15:30 若手の部
  3. 15:40〜16:40 中堅の部
  4. 16:50〜17:50 ベテランの部
  5. 18:00〜20:00 交流会

※スケジュールは変更になる場合がありますので、ご了承ください。

会場

メビック扇町

定員

100名(要申込・先着順 定員を大幅に超えた場合にはお断りすることがあります。)

費用

無料
交流会:1,000円

主催

大阪市
公益財団法人大阪市都市型産業振興センター クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町
公益社団法人日本広告写真家協会(APA)関西支部
公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)大阪地区
大阪コピーライターズ・クラブ(OCC)

若手の部

  • APA関西:森誠氏(Photo’s Zero代表)

    APA会員 高橋靖氏に師事。2003年より独立。撮影は主に鉄道関係各社、コマーシャル撮影、雑誌などを中心に活躍中。写真教室講師(多数)シュピーゲル写真家協会では作品作りに力を入れております。公益社団法人 日本広告写真家協会 正会員 / シュピーゲル写真家協会 会員

  • JAGDA大阪:木村幸司氏(STARRYWORKS 代表 / Art Director)

    1981年大阪府生まれ。2006年に株式会社STARRYWORKSを設立し、同社にて広告やブランディング、ミュージックビデオ、ライブの映像演出、インタラクティブコンテンツなどの企画、アートディレクション、テクニカルディレクション、デザイン、プログラミングなどを手がける。

  • OCC:中牟田佳苗氏(大広 コピーライター / CMプランナー)

    2011年入社。コピーワーク、PR発想のクリエイティブをベースに手段を問わずコミュニケーションの企画・設計をしています。食品業界や、製薬業界を担当。FCC賞、TCC新人賞ファイナリスト、ヤングライオンズコンペティションジャパン2015PR部門ファイナリスト。

  • モデレータ:BOCO 塚本氏(スタジオ ビィ)

    気がつけば、カメラマンはじめて30年超えました。でも、写真って年数じゃないんですよね。

中堅の部

  • APA関西:宮田昌彦氏(株式会社エムツーフォト)

    1963年大阪府生まれ。1985年大阪芸術大学 写真科卒業。大阪芸術大学デザイン学科講師、Nikonカレッジ講師。写真集、著書『グリコのおもちゃ』『刀匠 河内國平という生き方』『儀-岸和田旧市だんじり祭』『刻字書の世界」

  • JAGDA大阪:福森正紀氏(Three & Co. 代表 / Art Director)

    グラフィックデザインから視野を広げ、マスコミ広告、パッケージ、エフェメラ等を中心に活動中。D&AD Silver、Canne Lions Silver、One show Gold・Bronze、London International Award Silver、Asia Design award GOLDをはじめ国内外多数。

  • OCC:山中貴裕氏(うたみな コピーライター)

    2000年より大広勤務。2013年に独立。これまでに朝日放送、パナソニック、関西電力、ダイキン工業、大日本除虫菊、ACジャパンなどの広告企画を担当。1999年に準朝日広告賞。2004年からOCCおよびTCC会員。2011年に佐治敬三賞。

  • モデレータ:本橋豊氏(パナソニック エコソリューションズ クリエイツ)

    1996年 旧松下電工宣伝部に入社以来、マスコミ、展示会、ブランド、WEBの担当を経て現在は住宅・電気設備のWEBサイト運営を統括。

ベテランの部

  • APA関西:奥脇孝一氏(オクワキスタジオ)

    1950年 山梨県生まれ。APA会員、松井希通氏、福田匡伸氏に師事。NY ADC金賞、NY festival金賞、APAアワード優秀賞、ドイツグッドデザイン賞 / 他。個展 SOHO PHOTO GALLERY(New York)、galeria spectrum SOTOS(Zaragoza・SPAIN) / 他

  • JAGDA大阪:板倉忠則氏(仮説創造研究所 取締役 / Art Director)

    デザインコンセプトは、わかりやすいこと、美しいこと、明るいこと。海遊館、なんばパークスのVIデザイン。最新のプロジェクトワークに、神戸港に誕生した和モダン温泉旅館「蓮」、播磨の手延べ麺「播磨喜水」のVIデザインなど。

  • OCC:田中有史氏(田中有史オフィス クリエイティブディレクター / コピーライター)

    コピーライターになって約35年。神戸親和女子大学の「先生なるなら、親和!」、京阪電車の「おけいはん」、「NU」のネーミング「EKIMO」のネーミングなどをやりました。

  • モデレータ:森夕里子氏(ni-moc Art Director / graphic designer)

    大阪芸術大学デザイン学科卒業。同大学大学院助手・大阪美術専門学校の講師を勤めた後、ハンドレッドデザインインクに入社。2007年フォトグラファーと共にグラフィックデザインと写真に特化したni-moc(ニーモック)を設立。グラフィックデザイン、web、書籍、展示デザインなどを手掛け、あらゆるメディアや分野の専門家と連携しながらコンサルティングまで行う。

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

日時

2016年02月27日(土)
14:00〜20:00

参加費

無料
交流会費:1,000円

会場

メビック扇町

« 前|2/18 企業によるクリエイター募集プレゼンテーション

記事一覧

成果報告会&Mebic Talk-in(交流会)|次 »