企業CSR・NGO / NPO × クリエイター コラボレーショントーク!!

第23回ワン・ワールド・フェスティバル(OWF)

メビック扇町ロゴ

ワン・ワールド・フェスティバル(OWF)の開催に合わせ、関西国際交流団体協議会とメビック扇町との合同で、普段接点が少ない企業CSR・NGO/NPOとクリエイターとの出会いを生み出し、新事業創出や団体・組織のブランディング、効果的なプロモーションの実践等々、新たな価値を生み出すきっかけとして、トークイベント「企業CSR・NGO / NPO × クリエイター コラボレーショントーク!!」を開催します。
どなたでも参加していただけますので、ご関心ある方は当日会場までお越し下さい。

日時

2016年2月6日(土)13:00〜15:00

会場

OWFメビック扇町会場内特設ステージ

参加費

無料(お申し込みは不要です)

主催

クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町
関西国際交流団体協議会

中尾洋三氏|味の素株式会社 CSR部 専任部長

妊娠から2歳までの「最初の1,000日」の栄養状態の改善は、乳幼児の死亡リスクの低減にとどまらず、知能の正常な発育を促し、成長後の慢性疾患のリスクの低減にも影響を与えると考えられています。味の素グループは、その離乳期の子どもの栄養改善を国際機関、JICA、現地政府の保健機関やNGO等の幅広いソーシャルセクターの協力を得ながら持続可能なビジネスの力で進めていく新しいソーシャル・ビジネス・モデルの構築に取り組んでいます。
ガーナ栄養改善プロジェクト

坂西卓郎氏|公益財団法人PHD協会 事務局長

アジア地域からの研修生の招へい、帰国後のフォローアップを通じて、草の根の人々による自立した村づくりと生活向上に協力すること。日本の人々もアジアの人々との交流を通じて学び、そこから毎日の生活を問い直し、平和と健康を担う人材を育成し、共に生きる社会を目指す。クリエイターとの協働では、今年度外務省NGO相談員国際協力大学生エッセイコンテストを実施。
公益財団法人PHD協会

宮下和佳氏|認定NPO法人 ムラのミライ 専務理事

日本と海外の両方で、地域資源を活かした循環型の暮らしづくりと、そうした活動を実現できるスキルを持つ人づくりに取り組んでいます。活動現場での試行錯誤を踏まえて「メタファシリテーション」という手法を作り上げ、研修開催・講師派遣・出版などを通じて普及。当事者主体の課題解決を促す 具体的な手法として注目を集めつつあります。
認定NPO法人 ムラのミライ

南大成氏|HIROMINAMI.DESIGN 代表

鹿児島県生まれ、大阪在住のプロダクトデザイナー。2006年、英国シェフィールドハーラム大学、BAプロダクトデザイン学部を卒業。ムラタチアキ氏に師事後、グラフィックプロダクション勤務を経て2011年に独立。2014年には合同会社アルルカンプロダクトを立ち上げ、皮小物の企画・デザイン・製造・販売まで一貫して手がける。自身が一生活者として経験する「感情」や「機能」を整理し、実生活で使える「生活者視点のデザイン」を信条に活動中。
HIROMINAMI.DESIGN

松木のんこ氏|有限会社ブルーム ウェブデザイナー/グラフィックデザイナー

大学を卒業後、総合商社のメーカー部門にてデザインを経験した事をきっかけに、仕事を辞めて単身渡米。NYで3年間、DTPとWEB制作について学ぶ。2012年有限会社ブルームにてデザイン業務をスタート。web制作(デザインからコーディング、CMSサイトの制作、カートシステムを利用したネットショップ制作)を中心に、販促ツール、ポスター、名刺やちらし、ショップカード、パッケージ等のデザインを手がける。
有限会社ブルーム

吉永幸善氏|パラボラデザイン 代表

企業ショールーム、文化施設の常設展示設計や展示会ブース、内覧会の仮設設計を生業とする。また、個人的な活動として「楽しい事は正しい事!」を基本理念とした協創LLPという集団の中心メンバーとして、協創から産まれるプロジェクトをクリエイターとしての視点でアイデアと技術、両方の面でサポートをおこなっている。
パラボラデザイン

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

日時

2016年02月06日(土)
13:00〜15:00

参加費

無料

会場

メビック扇町

« 前|協業倶楽部

記事一覧

2/18 企業によるクリエイター募集プレゼンテーション|次 »