デザインの責任とその先

クリエイティブサロン Vol.79 南大成氏

南大成氏

デザインの「責任」は一体どこまで及ぶのでしょうか?作れば売れる時代はとうの昔に終わり、デザイナーに求められるデザイン範囲は「モノとコト」へ、デザインの責任は「製造と販売」にまで及びつつあると感じています。現在、合同会社を立ち上げ、自社商品の企画・デザイン・製造・販売まで、「責任」を持って手がけることとなった経緯について、イギリス・デザイン学生時代、インハウス・修行時代、独立、グループ活動への参加、自社ブランドの設立などの経験を通してお話したいと思います。

南大成氏

鹿児島県生まれ、大阪在住のプロダクトデザイナー。2006年、英国シェフィールドハーラム大学、BAプロダクトデザイン学部を卒業。ムラタチアキ氏に師事後、グラフィックプロダクション勤務を経て2011年に独立。アイデア先行型デザインが市場に溢れる中、自身が一生活者として実生活で使える「生活者視点のデザイン」を理想として掲げ活動中。

合同会社アルルカンプロダクト代表社員
デザインプロデュース集団 Iroyoriメンバー
メビック扇町 クリエイティブコーディネーター
創造社デザイン専門学校 非常勤講師
鹿児島県曽於市 スポークスマン

作品
クリックで拡大

クリエイティブサロンとは

毎回、様々なジャンルのクリエイターをゲストスピーカーにお招きし、定期的に開催します。ゲストスピーカーの人となりや活動内容を参加者のみなさんとお聞きするとともに、ゲストと参加者、また参加者同士、少人数でコミュニケーションを深めていただく場です。
クリエイティブサロン一覧

日時

2015年7月1日(水)19:30~21:00
定員に達した為、受付は締め切りました。

会場

メビック扇町 ロビー

参加費

無料(要事前申込)

定員

15名(先着順)

主催

メビック扇町

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

日時

2015年07月01日(水)
19:30〜21:00

参加費

無料(要事前申込)

会場

メビック扇町

« 前|「未来は誰と創るのか~ものがたり法人の挑戦~」

記事一覧

デザイン会社G_GRAPHICSが、ギャラリーondoを始めた理由。|次 »