「未来は誰と創るのか~ものがたり法人の挑戦~」

クリエイティブサロン Vol.78 林弘樹氏

林弘樹氏

この世に存在する全ての物にはストーリーがある。ストーリーとは「人と世界」をつなぐもの。だからこそ、日々の生活の中で誰もが無意識にストーリーを求めてしまうのだ。しかし、答えのない、未来への物語が見えにくい時代の中で、クリエイターはどんな物語を描いていけるのだろうか。僕らが「ものがたり法人」として、模索しながら取り組んだその仮説と検証についてのお話と、皆さんとの対話の中からその在り方を模索する、クロストーキングセッションを行いたい。

林弘樹氏

ものがたり法人FireWorks代表 映画監督
1974年生まれ、さいたま市出身、大学卒業後、助監督として黒沢清、北野武監督等の元で働く。28才の時に、映画「らくだ銀座」にて監督デビュー。国際映連・A級世界十大映画祭にも招待され、評価をうける。
全国各地で、 今まで数十万人の人を巻き込み、日経地域情報化大賞、地域づくり総務大臣賞受賞。映画「ふるさとがえり」は公開から4年たった今もなお、全国1100ヶ所以上でロングラン公開中。準備中の最新作「惑う(仮題)」は、時代の流れと共に失われながらも満たされていく「家」の物語を、女性たちを中心に描く。
6/20(土)に映画「ふるさとがえり」上映会が大阪市天王寺区の心光寺で開催されます。

作品
クリックで拡大

クリエイティブサロンとは

毎回、様々なジャンルのクリエイターをゲストスピーカーにお招きし、定期的に開催します。ゲストスピーカーの人となりや活動内容を参加者のみなさんとお聞きするとともに、ゲストと参加者、また参加者同士、少人数でコミュニケーションを深めていただく場です。
クリエイティブサロン一覧

日時

2015年6月19日(金)19:30~21:00

会場

メビック扇町 ロビー

参加費

無料(要事前申込)

定員

30名(先着順)

主催

メビック扇町

免責事項

本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪市都市型産業振興センターは何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

日時

2015年06月19日(金)
19:30〜21:00

参加費

無料(要事前申込)

会場

メビック扇町

« 前|団塊Jr世代デザイナーのあしたのための小さな試み

記事一覧

デザインの責任とその先|次 »